リオ五輪を目前、政府やオリンピック組織委員会の対策が注目される「ジカ熱」。その原因となるウイルスを検出する試薬の開発に、金地金やジュエリー、純金積み立てなどで有名な【田中貴金属】が世界初成功しました。

自転車の米国代表候補のなかには、早々に辞退を表明した選手もいるし、日本勢では、ゴルフの松山英樹も「気になります」と不安な心境を口に、ますます流行に拍車がかかっているジカ熱の検査キットの開発に【田中貴金属】が世界初の成功をしたという。

親会社・TANAKAホールディングスによれば、金の粒子をナノレベルに加工し、溶液中に分散させた「金ナノコロイド」を使う、「イムノクロマト法」。

広報担当者解説の抜粋

「従来、血液中のジカウイルスを検出するには、遺伝子増幅法と呼ばれる方法を使っていました。これには特別な設備が必要なうえ、検出には早くて半日かかりました

当社ではこれまでにも、金ナノコロイドを使ったインフルエンザのキットや妊娠診断キットを開発しており、今回も、それらの技術を発展させました。昨年騒動になったため、開発に動きだし、完成することができました」

ジカ熱検査キットが市場に出回るのはまだ先…

従来の方法では、大勢の人を検査するのは現実的ではないし、費用もかかります。ところが、今回開発された検査キットを使えば、10~15分、早ければ2分ほどの時間で診断が可能になるといいます。

実際の検査法は、血液2~3滴を採取し、キット内の血清に入れた後、スポイトで試薬シートに滴らす。すると、妊娠診断キットのように線が現れ、ジカ熱に感染しているかどうかがわかるという、すごく手軽なものになっている。

市場にに出回るには、医療メーカー探しや臨床試験を受ける必要もあるため、五輪には、間に合いそうもないが、簡単に検査キットで検査できるようになれば、小頭症のリスクを減らせる。早い市場化に期待したい。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ