妊娠中はつわりや女性ホルモンの影響で歯周病になりやすい、歯周病は早産や低体重出産の原因にもなる…ではどうしたらいいのでしょうか。

答えは簡単です。

歯科検診・歯の治療へ行こう

妊娠中でも歯の治療はできます

妊娠初期はつわりや初期症状、妊娠状態が不安定だったりしますし、妊娠後期は大きくなったお腹で仰向けに寝ての治療は難しです。

なので、妊娠中期、安定期に入ったら歯科検診に行き、治療が必要であるならば歯の治療を進めましょう。

炎症などが初期であれば、歯のクリーニング、歯垢の除去だけでもかなり効果があります。歯医者に行った際には、必ず「妊娠中」であることをしっかりと伝えましょう。

妊娠中期を過ぎれば、胎児へのレントゲンや麻酔のリスク、歯医者で出される薬などの影響はないと言われていますが、妊娠中と伝えることで「具合が悪くなったり、お腹が張ってきたら声をかけて下さいね」など、妊婦への配慮をしてくれる歯医者もあります。

妊活中も歯の治療のチャンス

なにかと忙しく、あれもやろう!これもやろう!となってしまう妊活中ですが、そんな「やることリスト」の中にぜひ、歯科検診、歯の治療を入れておくとよいと思います。

妊娠してから、歯科検診や歯の治療を始めても良いとは思いますが、つわりがひどかった場合や、医師から安静に。と言われた場合は、歯科検診や歯の治療どころではありません。

ですが、歯周病になると早産の可能性も高まってしまう。そんな板挟み状態にならないためにも、妊活中は歯科検診、必要であれば歯の治療のチャンスなのです。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ