妊娠中は歯周病や歯肉炎、虫歯が痛み出したりと、口の中のトラブルも多いものです。低体重児出産のママには歯周病罹患者が多く、歯周病の人の早産リスクは、7~7.5倍もあるんです。

歯周病はいろいろなリスクを高めてしまう

歯周病というと、口の中の病気!と思っている人も多いと思います。実際に妊婦さんの中にはレントゲンや麻酔、薬など、お腹の赤ちゃんへの影響が心配だから、歯の治療は出産後にと考えている人もすくなくありません。

ところが、歯周病にかかっていると、糖尿病や肺炎、心筋梗塞などのリスクが高くなる、ということが最近わかってきました。

歯周病の人の早産リスクは、7~7.5倍

1996年、アメリカで、「早産の危険因子の1つ」という研究報告が発表されました。

妊娠37週未満で生まれた早産の人や、2500g以下の低出生体重児を出産した人たちを調べてみたら、歯周病の進行している人が大勢いたのです。そのリスクは、歯周病でない人の、なんと7~7.5倍もあったのです。

早産原因ランキング・第1位は歯周病

早産の原因としてあげられるものの中に、タバコ、アルコール、高齢出産などがありますが、それらよりもはるかに高い数字です。

歯周病は誰にでもかかるものですが、歯のケアや歯の治療をしていれば、早産を防ぐことができます。歯の治療は産後などと決めてかからず、安定期に入ったら、まずは歯科検診に行ってみると良いかもしれませんね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ