世界保健機関(WHO)は17日、ジカ熱の感染国が60カ国以上に増加したことから、2月時点の対策計画の必要額は23カ国向けの5600万ドルだったが、費用が大幅に膨らみ、1億2200万ドル(約130億円)が必要になると発表。

ジカ熱ウイルスは蚊を媒介して広がり、妊婦が感染すると新生児の小頭症の原因になるほか、神経障害のギラン・バレー症候群を引き起こす可能性もあるとされ、WHOは妊娠中の女性に、感染地域への渡航を避けるよう呼び掛けている。

また、WHOのチャン事務局長は声明で、対策計画はジカ熱に関する新たな知見を踏まえたもので「出産年齢の女性を中心にサポートする総合的な対応が必要だ」と訴えた。

計画期間は18カ月で、ウイルスが拡大した場合の緊急対策のほか、妊娠を遅らせたい人へのカウンセリングなどが盛り込まれる。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ