出産後の抜け毛は産後脱毛症や分娩後脱毛症と呼ばれ、なんと経産婦の7割が経験しているというデータもあり、産後に多い悩みでもあるんです。原因は、簡単に言えば、女性ホルモンの急激な変化です。

産後の抜け毛の原因

その1.女性ホルモン

妊娠中は女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)が増加します。

通常髪の毛は一定のサイクルで生え変わっていますが、女性ホルモンが増えると髪の毛が抜けにくくなるため、妊娠中は髪の毛や体毛が増えて毛深くなったという妊婦さんも多くいます。

しかし、産後すぐは女性ホルモンが急激に減少し、妊娠中に抜けなかった髪が一気に抜けてしまうのです。

妊娠中と産後のギャップもあり、産後抜け毛が…と悩むママも多いのです。ただ、産後の抜け毛は一時的なもの、育児に慣れ生活にゆとりが持てるようになってくると、「あれ、抜け毛気にならなくなってきた」と思う時がきます。悩み過ぎないことが大事なのです。

その2.生活の変化・育児によるストレス

女性ホルモン以外にも、赤ちゃん中心の生活に対してのストレスや生活習慣の乱れなども産後の抜け毛に影響しています。

  • 慣れない子育てのストレス
  • 髪が抜けることによるストレス
  • 赤ちゃんの授乳やお世話で睡眠時間が少ない
  • 食事がしっかり摂れていない
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ