小頭症の検査と診断方法は、赤ちゃんの出生前と出生後で異なります。

赤ちゃんが生まれる前

  • 超音波
  • 高周波
  • コンピューターを使用した画像診断

などで、診断されることがありますが、妊娠後期まで診断できないこともある。

赤ちゃんが生まれた後

  • 頭囲
  • X線
  • CTスキャン
  • 磁気共鳴イメージング(MRI)
  • 血液検査
  • 尿検査

などで、診断テストを行い、症状の確定をします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ