小頭症とは、本来であれば、乳幼児期から学童前期にかけて脳が急速に発達するに伴い頭囲も伸びるのですが、なんらかの原因で脳の発育が遅れる、あるいは停止することで、頭囲が極端に小さい状態のことをいいます。

小頭症になると(症状)

  • 頭が以上に小さい
  • 脳の損傷の程度により知能発育の遅れが出る
  • けいれん発作

以上の症状は小頭症の症状として一般的なもので、子供によって様々な症状が出る場合があります。

小頭症と診断される赤ちゃんの頭囲は、年齢の平均頭囲値かた標準偏差の3倍を引いた数値より小さくなります。

赤ちゃんの頭囲<年齢の平均頭囲値-標準偏差の3倍

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ