不妊治療は非常に精神面・そして金銭面でも不妊に悩むカップルにとっては、不安になります。不妊治療費が、実は少しおケネが戻ってくる制度があることを知っていれば、不妊治療にチャレンジする背中を押してくれるものになるかもませんね。

厚生労働省の「不妊に悩む方への特定治療支援事業の概要」を読むとよりわかりやすいのですが、簡単に紹介。

対象治療法

体外受精及び顕微授精(以下「特定不妊治療」)

助成の対象者

特定不妊治療以外の治療法によっては妊娠の見込みがないか又は極めて少ないと医師に診断された法律上の婚姻をしている夫婦

給付の内容

1年度あたり1回15万円、2回までとし、通算5年支給

所得制限額

730万円(夫婦合算の所得ベース)

指定医療施設

事業実施主体において医療機関を指定

などの細かい条件があります。確認を怠ると補助金が受け取れない場合もあるので、注意が必要です。また、よくある失敗版として、治療終了日や治療日、締切日の確認不足があります。各自治体ごとに申請要件をチェックするようにしましょう。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ