妊娠初期は見た目にはそこまで変化はないものの、お腹の中では新しい命が育つ環境を整えようとかなりの大変化が起こっています。目には見えない変化ですが、この変化に体がついていけず栄養不足や水分不足、ホルモンバランスの変化、ストレスなどをひきおこし、妊娠初期の肌トラブルを起こしているのです。

妊娠初期の乾燥肌・敏感肌の原因

栄養不足・水分不足

今までは成人女性一人分の栄養・水分で十分だったのが、妊娠初期のママの体は新しい命を育てようと、赤ちゃんのために体中の栄養・水分を子宮に集めようとします。
とくに妊娠16週位までは、子宮の羊水は胎盤や卵膜からの分泌から作られるので、どうしでもママの体は水分不足になってしまいます。
また、水分だけでなく肌コントロールに必要なビタミンやミネラルなどの栄養素も、赤ちゃんに優先的に送られるようになるので、水分不足に栄養不足が重なり、肌トラブル、肌の乾燥の原因になっています。

ホルモンバランスの変化

妊娠すると赤ちゃんを育てるために、ママの体ではプロゲステロンとエストロゲンという2種類の女性ホルモンが急激に増えます。

プロゲステロンが肌荒れの原因?

プロゲステロンは、黄体ホルモンとも呼ばれているホルモンで、妊娠初期は卵巣から分泌されており、主に胎盤を作るホルモンです。
また、プロゲステロンは、妊娠前は生理前から生理中に多く分泌されているホルモンで、生理時の肌荒れは、このプロゲステロンが大きな原因の1つになっています。
この肌荒れホルモンが急激に増える妊娠初期は肌トラブルがどうしても多くなってしまうのです。

肌荒れしてもポジティブに

妊娠初期の肌トラブルは上記した通り、仕方のない事です。乾燥や敏感肌のケアは十分行い、妊娠初期の肌トラブルは「赤ちゃんが育つため」「お腹の中でひとつの命を育てているのだから」とポジティブに考えられたら、ステキなマタニティライフが送れそうですね。
いろいろな変化に妊娠前はこうだったのに…と悩んだりストレスを溜めたらお腹の赤ちゃんのためにも良くありません。
どうか10ヶ月という限りある妊娠時の変化を楽しんでくださいね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ