妊娠初期、つわり時、お腹が大きくなってくる中期~後期にかけて、先輩ママたちは、どのようにして寝ていたのでしょうか?

妊娠中の寝る体勢

妊娠初期

  • 仰向け
  • うつぶせ
  • 横向き

初期の頃はそこまで皆さん神経質に考えずに色々な寝方をしていたみたいです。赤ちゃんはお腹の中でただ無防備にいるわけでなく、しっかりと羊水や子宮に守られているので、神経質になりすぎない方が良さそうです。

つわり時

  • 抱きまくら(細長く腕で抱え込んで足ではさむ)
  • 横向き
  • 頭を冷やしながら寝入る
  • 足を冷やしながら寝入る
  • 足を高くして寝る
  • 首や肩を温める(ホットシートなど)
  • 右向き(右腕を下)で横向き
  • 口の中を冷やしてから寝る

つわり時に一番大切なのは、食べる時に食べれるだけ食べる、飲める時に飲めるだけ飲む、眠れる時に眠れるだけ眠るだと思います。つわりは今だけ、もう少ししたら落ち着くはず…と思いながら自分の体調、ストレスを溜めないように日々を過ごすことが大切だと思います。
しかし、仕事をしている妊婦だと、それも違ってきます。きっちり夜眠れるように色々な方法を試して自分自身にあった寝方を見つけられると良いですね。

中期~後期

  • シムスの体位(横向き)
  • 抱きまくら
  • 右向き(右腕を下)で横向き
  • 背中を高くして仰向け
  • 足を曲げて仰向け(ヒザを立てて下にクッション)
  • 座椅子で横向き・仰向きで寝る
  • 四つん這い

圧倒的な数の先輩ママが、シムスの体位で寝ていたという意見でした。ただ寝る時(寝入るとき)はシムスの体位でも、朝になったら仰向けやうつ伏せになってしまっていることもあるようです。寝相はクセのように無意識なものなので仕方ないですよね。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ