6月30日掲載の週刊新潮の記事に【ワイド特集 一難去ってまた一難】のタイトルで女優の釈由美子の育児ブログが月に100万円稼ぎだすという、驚きの内容が掲載されました。

記事には皮肉も交え、「人気稼業の浮き沈みはまさに無間の闇、巻き返したと思えばうらぶれ、また行き来して――。だから使える手は何でも繰り出さねばならない。今回の釈由美子(38)もまた、その1人。何しろ、生を享(う)けた“分身”まで担ぎ出してくるのだから。」の冒頭で始まっている。

記事では、芸能人のブログ収入について、

  • 閲覧数(PV=ページビュー)に応じて広告主からお金が支払われる
  • 最初にタレントと契約するケースも
  • 例えば1カ月で15回以上更新する条件で10万支払い、PVが1000万件を超えたらボーナスを出すなど
  • インセンティブ契約のような形態もある
  • またスポンサー契約などもあることにも触れた

「ママタレの場合は特に、子供用品や料理器具を紹介することで一定の紹介料が入る。また『欲しい方はこちらをクリック』と案内し、リンクを経由して買った人がいればその件数によって支払われる『アフィリエイト収入』も見込めます」ITジャーナリストの井上トシユキ氏

また、ブログの更新度についても、これまでは月に二十数回のペースでブログを更新してきたが、出産が迫った5月には62回、さらに6月は80回近く更新。とある。

記事の最後には、

ブログには、〈息子の授乳が終わって、寝かしつけた 夜のこの時間が、唯一のリラックスタイムです だったらブログなんていいから さっさと寝ればいいのに、ってわかってるんですが ここで飾らない気持ちを吐き出して 自分を客観的に見たかったのかもしれません〉(6月16日)とある。飯のタネなのだから寝てはいられまい。

と皮肉たっぷりの文面で終わっている。

I think…

個人的には妊娠・出産・育児の練習の場は一切なく、初めての妊娠時には、誰しもがわからないことだらけで、不安になります。なので、芸能人の方、ブロガーさんが、妊娠中の体調の変化や心境の変化、どのようにして不安を乗り越えたかなど、いろいろな側面から知れるのはとても良いことだと思います。

釈さんのブログを見て、「あっこんな風なんだ、私もがんばろう」とポジティブに思える人がたくさんいると思うので、今後も育児に家事に仕事に、大変だと思うが、ブログを頑張って欲しいです。

釈由美子2

釈由美子オフィシャルブログ「本日も余裕しゃくしゃく」

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ