妊娠中の妊婦健診で毎回必ずする、体重測定、血圧測定、尿検査があります。血圧を毎回きちんと測定することで、妊娠高血圧症候群など、血圧異常による病気の早期発見につながります。

では、正常な血圧の値、高血圧と呼ばれる血圧の値、低血圧と呼ばれる血圧の値って、いったいいくつ~いくつぐらいなのでしょうか。妊娠中のママは、知っておいた方が絶対知っておいた方が良い、血圧の値についてまとめました。

血圧の値による分類

至適血圧 120/80mmHg未満

母体や赤ちゃんに負担をかけず、脳梗塞や心臓病、肝臓病といった病気を引き起こすリスクが低く、妊娠中に健康的で望ましい血圧値。

ただ、この値を下回りすぎると低血圧になってしまいますので、下がりすぎないよう注意が必要。

正常値 130/85mmHg未満

年齢に関わらず、最高血圧130mmHg未満、最低血圧85mmHg未満が、妊娠中の血圧の正常値。

正常高値 140/90mmHg未満

妊娠高血圧症候群の一歩手前で、少し注意しなければならない値。

食事など日々の生活で気をつけるようにしましょう。

妊娠高血圧症候群 140/90mmHg以上

妊娠20週以降、分娩後12週までに最高血圧が140mmHg以上、最低血圧が90mmHg以上の場合、妊娠高血圧症候群と診断されます。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ